にしん

20080603080827


6月に入るとにしんの水揚げが盛んになります。生のにしんは脂ものってとっても美味しい魚です。

食べ方としてはやっぱり塩焼きが最高ですね。生にしんは少し水分が多いので、買ってきたら予め塩をしておくと、食べるときにいいあんばいに水分がぬけて美味しく食べれます。

熱々のにしんの乗った皿を目の前に、今日は数の子かな?白子かな?と考えつつ箸をつける・・・こりこりの数の子も美味しいし、ふわふわの白子も口の中でとろけて、なんとも幸せな気分にしてくれます。

乾坤一 純米吟醸 無ろ過生原酒

20080522115828


この酒は、火入れなし、アルコール添加なし、割り水なし、無ろ過のお酒。要するに蔵で出来あがったお酒に何も手を加えずにそのまま瓶詰めしたもの。

日本酒の好きな人たちが集まって年に数回、大沼酒造さんに特別に作っていただいているお酒です。

このお酒には綺麗さこそありませんが、日本酒本来の<<酒らしさ>>があります。

このお酒と一緒に、火入れしたものや、割り水したものなんかを飲み比べてみるのもおもしろいですね。

栗駒山 純米吟醸 中取り 山田錦

20080522113415

毎年5月頃にでる栗駒山の季節限定商品で、純米吟醸ですが味は大吟醸クラス

山田錦のすっきりとした喉越しのなかに奥深さがあります

千田酒造店

20080417175204


栗駒山のふもとにひっそりとたたずむ小さな酒蔵 千田酒造店 

栗駒山から湧き出る清水を贅沢に使って仕込んだこのお酒は、地元の人からも人気。 

飲んだときに口の中でふわっと広がってから、すーっとすぼまっていく感じがいいですね[emoji:i-179] しっかりと「酒」を主張しています

 

アジの干物

20080428232053

アジの干物を作ってみよう!

魚の干物というと、ちょっと取っ付きにくい感じがするけど超簡単なのでやってみてください

アジは背中から開いて、エラと内臓をとります(このとき、きれいに開けなくても、身はどちらかに付くので気にしないで、ズバッといっちゃってください)

オチョコに一杯の粗塩と10杯の水を溶かし合わせて、そこに、開いたアジを入れて30分浸します

30分たったら、風通しのよいところに半日干して出来上がり。

干物は日本の先人たちの知恵の結晶ですね。こうすることで旨みも増すし、冷凍しても生の時と違って水分が少ないので、解凍も簡単だしドリップもほとんど出ません。 

ドリップが出ないとゆうことは、美味しさが変わらないとゆうこと・・・

ご近所のおすそわけで沢山頂いたときや、釣りに行って大漁だったときなんかにこうやって干して冷凍するといいですよ

アボカドとマグロのサラダ

20080419085302


いや〜 ゆだんしてたら風邪ひいたっぽいです…

皆さんも季節のかわりめは体調管理 気をつけてください

風邪ひいたときはアボガドがオススメですよ

栄養満点! ビタミンCやらあれやらがいっぱいはいって、次の日には完全復活間違いなし!!

では作り方を…

マグロはさいの目に切って醤油と味醂につけておきます

新玉葱はスライスして水にさらします

10分くらいしたらたぶん辛みがぬけてるので、ざるにあげて水気を切り器に敷きます

そのうえにづけにしておいたマグロとさいの目にきったアボガドをのせてさらにそのうえに卵黄をおとします

仕上げにマヨネーズにコチュジャンと醤油少々を加えてコチマヨソースをつくり上からかけて完成

今回使った材料

アボカド 半分

メジマグロ 100g

新玉葱 半分

行者にんにくの葉っぱ 少々

コチマヨソース

マヨネーズ

醤油 少々

コチュジャン 少々

づけだれ

醤油 小さじ1

味醂 小さじ1.5

酒盗と水菜のサラダ

20080419085235


酒盗とは、かつおの内臓をきれいに掃除して塩辛にしたものです

これを食べると、盗んでも酒が飲みたくなるとゆうおそろしい代物です

そうなるかどうか是非一度、自分で試してみてください

では早速サラダの作り方を・・・

材料

大根 適量

水菜 適量

梅肉 梅干1〜2個分

酒盗 大さじ2くらい(多分)

以上の材料を合わせて出来上がり!!

個人的には結構気にいってますが、多分これは飲んべい専用サラダかと思われます

自分は飲んべいかな? と思い当たるふしのあるかたはぜひ作ってみてください

今夜も〜さ〜け〜が〜〜すすむ〜〜

松山のセリ

20080417175643


宮城県大崎市の松山町では、セリの出荷が始まりました・・

このセリはあんまりアクがなくておいしいと評判で、最近ではなかなか手に入らなくなりました

天然の野ゼリと比べると、成長が早く、その分アクが少なくて食べやすいのが人気なんだと思います

個人的には、野ゼリのカツーンとくる感じも好きですが・・・


そういえば今年はまだ山菜とりに行ってないです

そろそろ、コゴミとか葉わさびとかいい時期だから、中山平のいつもの場所に行って見るか・・・

毛ガニ

20080414151531
毛ガニというと冬が旬というイメージがあると思いますが、北海道の毛ガニは流氷が溶ける4月からが旬になります

海に流氷が押し寄せていれば船も出せませんから、結果的に漁に出れないということにもなりますが、単にそうゆう事ではありません

氷が溶けて水温が上がれば毛ガニは活発にえさをとるようになります

そうなんです。 たくさんえさを食べて運動しているのですから、冬のじっとしている時と比べると当然、美味しくなるわけです

身もぎっしり詰まって、カニ味噌の味も濃厚、しかも値段は冬に買うよりずっと安くなりますから言うこと無しですね

初ガツオ

20080412123516
目に青葉 山ほととぎす 初がつを

早いですね 宮崎沖ではもう鰹が捕れはじめました

この時期の鰹は、見ての通り小さくて脂もさほどのっていませんが、なんとも言えない爽やかな旨味があります

あの松尾芭蕉も句に残したくらいですから…

今年はちょうど桜も見頃をむかえていますから、桜の木の下で鰹を肴にちょいと一杯 なんてのも粋ですよね

きっと一杯ではすまないとはおもいますが…


search this site.

おすすめ飲食店・居酒屋

link

楽屋について

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

mobile

qrcode

selected entries

categories

archives

リンク

        

others